医療と福祉に関わることは、暮らしのかかりつけになること。

BRAIN TALK_01

小澤優

Masaru Ozawa

社会福祉法人 慶成会
理事長

『 夢を語れてこそ、経営者 』

水野
小澤理事長が福祉に携わろうと決意された理由を改めてお聞かせいただけますか。
小澤
高齢者がベッドを生活の場に、治療だけに明け暮れる姿を見て、もっと自由で人間らしい日々を送っていただける場を提供したいという強い思いからの決意でした。1995年に「ケアハウス ヴィラ東山苑」を開設し、現在は静岡県に第1号となる「グループホーム花みずき」を含む12の介護・福祉施設を運営しています。
水野
慶成会の拠点である、ここ浜松市の大山地区は緑に囲まれ、野鳥のさえずりが聞こえ、とても良い環境ですね。
小澤
人間は、自然の中で生かされています。これは観念的な意味だけではありません。太陽の光を浴びることで、骨が丈夫になると言われますし、認知症の方は夜にはよく眠れるようになります。この地区は田舎ですが、私たちは田舎ならではの演出をおこない、皆さんに気持ちの良い時間を過ごしてほしいと考えています。
水野
演出という言葉が出ましたが、たとえば、どのようなアイデアをお持ちですか。
小澤
「夜、ちょっとお酒を飲みたい」、「朝はトーストとコーヒーで過ごしたい」、「黄昏を見ながらジャズを聞きたい」、「自分は入所しているけれど、ここで家族とパーティをしたい」。入所者の皆さんが望まれる、ささいなことだけれど、なかなか叶えられないことを実現できる空間を作りたいのです。
水野
いいお話ですね。理事長は、入所されている方々の心をご覧になっている。そうした姿勢に、いつも感銘を受けます。
小澤
私は、人生を最後まで楽しめる施設を作りたいんです。そして、年を取るのも悪くないなと思っていただけたら、最高じゃないですか。
水野
2016年、この大山地区に薬局や保育所が新設され、慶成会が運営する「特別養護老人ホーム グリーンヒルズ東山」は増床します。医療と介護が直結する一大ビレッジが誕生するわけで、その規模は日本随一です。今後のモデルケースになるのではないでしょうか。
小澤
水野さんをはじめとする医療人、応援してくださる医師らの協力があってこそできることです。慶成会の施設が、高齢者の方から「あそこだったら入ってみたい」とおっしゃっていただけるようになることが、私の夢です。水野さんも大いなる夢を持って邁進してください。
水野
今日も良いお話をお聞きできました。これからも、さまざまなことをご教授ください。ありがとうございました。